風にふかれて〜

日々の徒然日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<スポンサードリンク>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「物忘れ」をなんとかしたい! | main | 赤ら顔だと思ったら・・・! >>

バッテリーの映画もうすぐ公開!

バッテリー(あさのあつこ著)がずっと話題になっている。

別に映画化されるから、というわけではなく、今年の子供の中学入学試験問題にこのバッテリーからの文章が使われていたからだ。

塾の説明会にいったら、塾の先生がいってたが、あさのあつこさんの著作は中学入学試験問題に採用される回数が過去ベスト3に入っているそうだ。

最近では、著作権の問題が厳しくなって、学校によっては、国語のテスト問題を持って帰れない学校もあるらしい。

なので、著作権を強く主張する作家の方の著作物はだんだん試験問題には使われなくなる傾向があるそうで、、、つまり、あさのあつこさんの場合は、あまり強く著作権を主張なさらないのだろうなーと思った。

確かに、過去問題集をやっていても、なんかいか、このバッテリーという話にも出くわしたことがあるので、なんだか面白そうだなと思って、原作を読んでみたいと思っていたところだったのだよね。

そうこうしているうちになんと、映画がもうすぐ公開となる!というのを聞いて、だったらせっかくだから家族で観に行こうかと話している。

あさのあつこさんと並んで入試の問題に多く出題される作家に重松清さんがいる。

重松さんの著作とあさのさんの著作では、同じ子供の頃の青春ストーリーでも、印象がちがうらしい。

重松さんは男性なので、体験がとてもリアルでべたべたしているが、あさのさんは女性で、そういう意味では想像で書いている物語なので、ある意味爽やかになるのだろうと先生が話していらした。

なるほどねー。

ちゃんとそういうところに視点をおいて物語を読んでみるとまた違った楽しみ方ができるのかもしれないね。

入試の前に読ませとけばよかったなぁとちょっと後悔、、、、。

まあ、今更言っても遅いから、次にかけよう。

とりあえずはバッテリーの映画を観に行って子供の感想でも聞いてみようかな?

面白いと思うか、つまんないと思うか、、、。

精神年齢の成熟度にもよるかもね。〜〜
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -
<スポンサードリンク>