風にふかれて〜

日々の徒然日記
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<スポンサードリンク>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 家庭教師のおねえさん | main | 中国茶占い >>

梅蘭焼きそば

昨日、治郎に梅蘭焼きそばを食べに行こうと誘われた。
梅蘭焼きそばってなんじゃい??って思ったが、まぁ暇だったし、いいか〜と思って付き合うことにした。
そしたら、家を出たのはいいが、駅に着いたらなんと財布を忘れてきたことに気づいて、ガ、ガーン冷や汗
今更家に戻っていたら、約束の時間に30分以上遅れてしまう〜〜〜。
どうしようとあせりまくっていたらちょうどそこへ恭ちゃんが通りかかったのだ。
これは天の助けと思い、恭ちゃんに「ねえねえ恭ちゃん、今から友だちと梅蘭焼きそば食べに行くんだけどさ、一緒にどう?」と誘ってみた。
「そんでもってついでにちょっと電車賃貸してくんない??」なんてボソッと付け加えて。。。
そしたら恭ちゃんは全く気づかずに大喜び。相変わらず天然ボケなやつだ。
「梅蘭焼きそばってもしかして今すごい行列の?」(知らね〜。そうなのか?)
「うれしい。一回食べてみたかったんだよね。」と無邪気に言われてなんかちょっと罪悪感。
でも、ま、こんなに喜んでるんだし、いいか。
梅蘭焼きそばを食べに行くのはほんとなんだし、、、、って。
でも、やっぱ誘わなきゃよかったんだよね〜、たぶん。
あの時財布なんか忘れなきゃよかった。
つーか、そもそも梅蘭焼きそばなんて食べに行かなきゃよかったよ。

横浜の関内駅で待ち合わせた治郎は恭ちゃんが一緒に来たのを見ると、ちょっとびっくりして、でもなんか急に愛想良く挨拶なんかしちゃって、、、やな感じだった。
恭ちゃんも相変わらず天然な笑顔で楽しそうに治郎と話しだした。
私はといえば、なんだか訳もなく不機嫌になっちゃって、そんな自分を持て余しちゃって、自分で自分がいやになっちゃった。
あ〜あ、行かなきゃよかったな。

うわさの梅蘭焼きそばとやらは、見てくれは確かにちょっと変わってるけど味は、、味は焼きそばだよ。ふん。
隣で「わー!すごーい。おいしいね〜。」なんて明るくはしゃいでいる恭ちゃんと心なしか鼻のしたを伸ばしている治郎を横目に私は一刻も早くここから抜け出して家に帰って一人になりたい!って思ったんだよね。
でもさ、なんといっても財布のない私としてはそんなこともできず、、、、。
交番でおまわりさんにでもお金借りればよかったな。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -
<スポンサードリンク>